瀬戸内サーカスファクトリーの活動紹介、現代サーカス情報提供など


by circusdo
こんにちは!瀬戸内サーカスファクトリー、ディレクターの田中です。
今日は、どうしても自分自身の言葉で皆様にメッセージを伝えたく、ブログで文章にすることにしました。

【塩江は、愛しい温泉町】
すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちはいま、クラウドファンディングCAMPFIREで、
「上西現代サーカスアーティストインレジデンス『Shiono-Air』」

開設のため、チャレンジ中です。キャッチコピーは
「人の足が遠のく温泉郷に、現代サーカスで活気を取り戻す」です。

この数年来、住民の方々と仲良くしていただいている高松市塩江のさらに奥、上西地区という場所にある廃校を、日本初の滞在型サーカス創作拠点にしようというもの。
北海道から移住した自分にとって、地域の方が「田中さん、なんでそんなことしてるん?」と興味をもって声をかけてくれること以上に嬉しいことはありません。塩江の上西の皆さんは「サーカスはよくわからんが、田中さんがやっていることを応援したい」と言ってくださいました。
2016年に旧上西小で「YA!」という作品の本格的な滞在制作を行ってからご縁ができ、時折お邪魔して色々な事業を行っている間にも、塩江では温泉が、店が、閉まっていきました。かつて、三味線の音が夜な夜な聞こえてきたという温泉郷から、少しずつ灯が消えていくのは、自分にとっても辛いことでした。
ある時、サーカスの力で恩返しをしてみせる!やるならここでやりたい!と心に決めました。

【瀬戸内サーカスファクトリーはクラウドファンドなんて必要ないでしょ?】
ありがたいことに最近、瀬戸内サーカスファクトリーの活動が広がりをみせ、さまざまなメディアに取り上げていただいたり「絶好調だね」と言われることも少なくありません。
なので、「瀬戸内サーカスファクトリーはクラウドファンドなんてやらなくても、十分支援を得ているのでしょう?」と思われる方もいるかもしれません。

私たちの活動は、確かに多岐に渡り、広がっています。
それは自分が2004年に「現代サーカス」に出逢い、2011年から瀬戸内に移住してその文化を日本に誕生させ、育て発展させるために、必要なことに取り組んできたからです。

私たちは芸術団体なので、作品創作が何よりも大切です。
しかし、すぐれた作品を日本で創り発表するには、まずアーティストが生きていけなければならない。また、日本人アーティストに足りない技術や創作経験を増やしていかなければならない。発表の機会と、ファンを増やさなければならない。安全を支え、表現を豊かにするための技術者養成と、器具製作も必要-、とやるべきことは山積みです。

こんなことを、孤立無援ではできないし、地域の力を借りなければ無理です。でも逆に、サーカスのもつ魅力や求心力を使えば、過疎化する町や新しい文化政策を必要とする場所に、何かをもたらせるかもしれない。

【クレイジーだけど、頑張れ~1つめの石を置く。】
自分はフランスで文化を間近で見てきた人間なので、なぜフランスでは地方の津々浦々に文化拠点が整備され、田舎にいても創作が可能なのだろう?と不思議でした。
そして、実はフランスの場合、国の文化戦略で、国をあげて数十年かけて文化の「脱中央集権化」を実現した、ということがわかりました。
それを日本にあてはめてはどうか、と思ったのです。
東京に集中する文化を地方に分散することで、アーティストの動きは多様化し、安い生活費で好きな地方に住むことができ、住民は地方にいながらにして文化に触れられる。
「それって国がやることでしょう?個人でやろうとしているの?」
フランス人の友人たちはそう言いました。しかし、私がこの8年瀬戸内でやってきたことを見て、次第にエールを贈ってくれるようになりました。

クレイジーだけど、頑張れ。

公共でやることを民間の、こんな小さな団体がやる。
Why not?
1つめの石を置くこと。それが何より重要だと思うのです。
その石が増えるかどうかはわからないけれど、1つめの石がなければ、その次は絶対にないのだから。

【多岐に渡る、私たちの活動。でも等身大なんです】
私たちの活動を図式化するとこんな感じです。↓
d0242540_11342663.jpg
主要な活動は①「滞在制作(創作)と研修」=つまり、いま準備しているSHIONO-AIR、②「フェスティバル」、そして③同時に準備している「リバティキッズ☆ジム」=つまり子どものサーカス教室です。
私たちの主軸になる事業は非営利なのですが、それを支えるための営利事業を、誇りをもって行う、これが今、目指している姿です。
アーティストが生きていくための仕組み(アーティストやトレーナーとしての職づくり)、サーカスを広め、地域を元気にする仕組み。
すべては繋がっていて、ある意味では壮大なビジョンですね。

しかし、ひとつひとつは等身大の小さな規模で始めています。
事業を大きくすることが目的ではないからです。
自分が何をしようとしているか、実際にやってみないと他の人には伝わらない。

【公共とは、民衆が作り上げるもの】
このビジョンは、とても公共性の高いものだと思いませんか?

公共とは、「お上が」やるものではありません。Public=民衆の力、こそが、もともとの「公共」の意味ですから、草の根から立ち上がることこそが、公共だと思うのです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは、文化や地方におりる予算に勢いがあります。でも、その後はぱったりと途絶えることがはっきりと予想されます。
その先、私たちの生活は終わらない。
文化も終わらせてはならない。
だから、私たの文化を、公共を、自分たちで作る仕組みを、みんなで作らなければいけないのです!

そのための必死の努力を続けていますが、まだまだ、私たちの活動は安定しておらず、ちょっとしたつまづきで倒れてしまう可能性を秘めながら、
それこそ綱の上を歩くように、汗ダラダラ流して進んでいるのです。

d0242540_11541796.jpg
長くなってしまいましたが、読んでくださって、ありがとうございます!

私たちのクラウドファンドは、趣味でやっているのでもなく、プラスアルファでやっているのでもない、真剣勝負です。
この活動に共感していただけるなら、このクラウドファンドに是非ご協力くださいませ。

http://camp-fire.jp/projects/86356/activities
2018年11月15日までです。

何卒よろしくお願い申し上げます!

一般社団法人瀬戸内サーカスファクトリー
代表理事 田中 未知子

[PR]
# by circusdo | 2018-10-20 11:59 | 瀬戸内サーカスファクトリー
「職と創造活動を継続的に提供すること」

瀬戸内サーカスファクトリーの具体的な中期目標はここにあります。

自分が瀬戸内(香川県)に移住してやりたかったことは、
「地方活性化」
という話ではなく、
「国のある程度すみずみで、文化活動が活発に行われる状況をつくること」
なのです。
つまり、もちろん東京も含んで、です。
これが長期目標です。
長期目標のほうは、日本の各地に、同じ思いを共有する人々が増え、つながることによって達成します。

フランスばかりを礼讃するつもりは全くないのですが、30年にわたるフランスとのおつきあいの中ではっきりと「良い」と思うことは、国策によるにせよ、文化の地方分散が見事に成功しているということ。

文字面の知識より先に、現代サーカスの本を書くための取材やサーカスプロデュースの仕事の中でそれをまざまざと目にしました。
田舎の、教会がひとつあるだけのような小さな町にも、活発な文化創造センターがあって、一流のアーティストが滞在制作をしたり公演をしたりする。
誰も狭い場所に閉じこもる必要はなくなり、文化は生き生きと流動しながら成長を続ける。
アーティストにとっても、住民にとっても良いことですよね。

自分は「文化の血流がいきわたる」という言い方をします。
毛細血管まで血流が健康に流れ、目に見えて、社会は生き生きとします。
(もちろん文化に限らず言えることです)

その状態を日本でつくれないか、と思ったのが2011年。
「フランスでは国がやったことだよ?君はそれを個人でやろうとしているの?」
と笑うフランス人サーカス関係者は何人もいたけど、彼らは馬鹿にしていなく、いつも敬意を払ってそう言ってくれた。

いま、地方でアーティストが生きられない理由はたくさんあると思う。
けれど、「ここにしかない創造活動と発表の場、世界につながるネットワークがあって、しかも生活が保障されたら?」

夢でしょうか?
自分はそう思いません。
瀬戸内にいる7年半で、日々、手を止めたことはなく、事実、何かが変わり始めています。

他にない創造活動、地域の協力、産業との連携、滞在制作拠点の創出、
ときに目に見えないほどゆっくりと、しかし7年半の間に、確実に進んでいます。

あとは職の創出です。
これが一番の大仕事。
なにしろ、「地方で、存在しなかった仕事をつくりだす」ことの難しさ、それによって生きてくことの大変さは、自分がいちばん、身をもって知っています。
自分が実験台だと思って、ここまで来ましたから。

これも、あと1年以内に稼働させたい。
動かさなきゃ、ちょっとでも、毎日。
結局「続けること」が、岩を動かす何より強い力なのだ。
d0242540_09004316.jpg


[PR]
# by circusdo | 2018-06-14 09:01 | 瀬戸内サーカスファクトリー

TPAM EXCHANGE (2018.2.14) REPORT

Theme

Creating a Contemporary Circus Network in Japan and its Collaboration with International Circus Network

Background

“Creating a Contemporary Circus Network in Japan andleading it to a collaboration with International Circus Network” Nowadays, moreand more theaters have come to plan contemporary circus shows regularly.Usually they invite shows and artists from abroad such as Cirque du Soleil,while the creation of circus program is quite restrictive in Japan. Bycollaborating with international circus network, we’d like to develop our ownnetwork of contemporary circus in Japan, not only to invite shows from abroad,but also to create shows and organize tours in Japan. The moderator, Ms.Tanaka, is the director of Setouchi Circus Factory, which produces originalshows or, pieces several times in a year in Japan.



More
[PR]
# by circusdo | 2018-04-28 05:21 | repport

TPAM国際舞台芸術ミーティングin横浜にて、エクスチェンジテーブルをホストしました!話し合われた内容を報告いたします。
【テーマ】

「現代サーカスの日本ネットワーク構築と世界ネットワークとの連携について」Creating a Contemporary Circus Network in Japan and ItsCollaboration with International Circus Network

【背景】

近年、日本においても海外の現代サーカス作品の招聘が増え、定期的に現代サーカスをプログラムする劇場等が増えてきた。一方、現代サーカス作品を国内外アーティストと「日本で」クリエーションする場と発表の場はまだまだ少ない。アジアやヨーロッパなど世界との連携も視野に入れながら、日本の中で、海外招聘、創作、創作作品のツアーの可能性などのテーマで語り合いたい。瀬戸内サーカスファクトリー代表田中がモデレーター。

More
[PR]
# by circusdo | 2018-04-28 05:14 | repport

「今年、本気で人を育てたいのです。」

先般より、制作業務などの雇用を募集しています。

実はこれだけではなく、今年度は、「制作」「技術(リガー)」「アーティスト」という3つの分野で、本気の人材育成を計画しています。その形態はさまざまです。

「制作」について
HPにも出しているように、半年という期限つきですが、有給で「舞台制作(会計業務も含みます)」の人材を雇い、その間に、経験豊かなプロの制作者による研修も行います。

d0242540_19383156.jpg
「技術(リガー)」について
こちらは、もうすぐ概要を出しますが、研修生という形で、世界最高レベルのリガーにみっちり1か月ほど同行して、リガーの仕事を学んでもらう人を1人募集するつもりです。
※「リガー」とは、サーカスや舞台の特殊器具を安全に設置・取扱いができる専門技能職をいいます。


「アーティスト」について
これまでは、ディレクターである田中と演出家で、指名方式でアーティストを選んでいましたが、今年度からは募集、オーディション方式を取り入れようと思います。オーディションを行う場合は、開催地と東京との2か所を基本として考えています。


これらはすべて、瀬戸内サーカスファクトリーのこれからの活動の原動力となる人材を育てるのが第一義的な目標です。
なので、我々もこの1年、せっかく育てた方々を引き続き定期的に雇用できるような仕組みづくりに全力を傾ける所存です。
現状、募集の段階ではまだ、それを表明できませんが、これらは単なる一時的な人材募集ではない、ということ。

もちろん、更に長期的にいえば、現代サーカスの将来を支える人になってほしい、という思いがあります。


今年の瀬戸内サーカスファクトリー、勝負です!
ぜひ、見とどけてください。
興味がある方は、見るだけではなく、参加してください。


よろしくお願いします!


田中未知子


[PR]
# by circusdo | 2018-04-20 19:39 | 瀬戸内サーカスファクトリー